ELVのリサイクル

ELV(使用済自動車)のリサイクル
~ 100%リサイクルへの挑戦 ~

ELV(End of Life Vehicleの略称)とは、一般的には廃車(使用済自動車)と呼ばれる使われなくなった自動車のことで、日本では年間約350万台ものELVが発生しております。
ELVには鉄をはじめ、非鉄金属やプラスチックなどの有用な資源が多く含まれており、これらの資源を回収しリサイクル原料として再生することはリサイクル業者の責務であります。併せて、ELVに含まれるフロン類をはじめとした多くの有害物質を適正に処理し、地球環境・人体への影響などの環境リスクを抑える必要もあります。
2005年1月1日には、ELVの適正処理およびリサイクルを義務づけた法律「自動車リサイクル法」が施行され、マテックでは、それに関わる事業者としてELVの引き取りから解体、破砕、ASR(自動車シュレッダーダスト)の資源化まで、一貫処理が可能な処理施設を石狩地区に展開しています。
施設にはハーネス・電子部品などを効率よく回収するために精緻な解体を行う解体工場、タイヤをチップ化する工場、ASRの資源化を行う工場、ASRを利用したRPF(固形燃料)を製造する工場を設置し、「ELVの100%リサイクル」を目標にELVのトータルリサイクルに取り組んでいます。

ELVのトータルリサイクルフロー

ELVのリサイクルフロー図

ICタグを利用したELVの管理

管理体制
引き取りをしたELVに識別番号を記録したICタグを取り付け、コンピューターにELVの情報を登録します。
解体工程においてはハンディターミナルを使用して解体情報をICタグに記録し、自動車リサイクルシステムの移動報告や解体日報、その他の管理業務へ利用します。
解体計画
コンピュータに登録した車両情報を基に、回収部品の決定など、解体計画の策定をサポートします。
移動報告
ICタグを利用することで、解体を終えたELVの把握をコンピューターで入力することなく実行できます。
また、解体日報や解体車両一覧の作成を容易に行うことができ、これらを利用することで自動車リサイクルシステムの移動報告で、担当者の作業時間を軽減できます。
ELVに取り付けたICタグ ハンディーターミナルでのICタグの読み取り

リサイクルパーツの回収と販売

使用済自動車といっても自動車としての役目は終わってはいますが、その中には再使用可能な部品が含まれているものが多くあります。
これらの再使用可能な部品は解体前に回収し、動作確認や洗浄、美化などを行った後に、リサイクルパーツとして販売するため、全国部品販売ネットワークへ登録し保管します。

  • ライトの回収

    再使用可能な部品の回収

  • ライトの美化

    部品の修復と美化

  • 再生バッテリーの充電

    再生バッテリーの生産

  • ホイールの保管

    大型倉庫での保管

リサイクルパーツは、オンラインショップサイト「I LOVE RECYCLE.com」「ヤフーオークション」で販売しております。ショップサイトではタイヤ・ホイール、内・外装パーツ、電装パーツ、吸排気パーツ、足回りパーツ、駆動系パーツ、大型車用パーツなど、良質なリサイクルパーツを多数取り扱っております。
一般では市場に出回っていないパーツや、希少なパーツ、旧車パーツなど、ご希望の商品が見つからなかったお客様のために、パーツのリクエストフォームを設けております。フォームよりリクエストをいただいた商品は、全国部品販売ネットワークを利用し、可能な限りお探し致します。

商品画像 商品画像

ELVの解体

ELVは、タイヤ、ボンネット、バンパー、工具類の取り外しとエアバッグ、フロン類の回収など、事前処理を行った後、解体機によって解体します。
解体機を使用することで、ハーネスや電気機器、モーターなど手作業による解体では効率の悪い部品も、迅速かつ精緻に回収することができます。

フロンの回収

事前処理(フロンの回収)

解体機でのハーネス回収

解体機による精緻な解体

解体済自動車の破砕処理とASRの資源化

  • シュレッダープラントでの破砕処理

    解体後の車体はシュレッダープラントで、破砕・選別し、鉄と銅、アルミニウム、ステンレスなどの非鉄金属、ハーネスなどの資源を回収します。
    回収した鉄は電炉製鋼メーカーへ、非鉄金属は非鉄金属メーカーへそれぞれ販売します。

    シュレッダープラントの処理についてはこちらもご覧ください。

    廃車がらの投入

    シュレッダープラントでの破砕

    シュレッダー鉄

    回収した鉄

  • ASRの資源化

    シュレッダープラントで資源を回収した後に残った残さは「ASR(自動車シュレッダーダスト)」と呼ばれ、ASR資源化工場でさらに細かく破砕・選別し、非鉄金属やプラスチックなどの有価物を回収します。

    ASR資源化工場は自動車リサイクル法の中で自動車メーカーなどからの認定を受けております。

    シュレッダープラントで回収したASR

    ASR

    湿式比重選別

    ASR資源化工場

  • RPFの製造

    RPFとは「Refuse Paper & Plastic Fuel」の略で、プラスチック、紙くず、及び木くずを原料とした固形燃料のことです。
    ASRに含まれるプラスチックなど、埋め立て処分されていた廃棄物を原料にすることで、埋立量の削減、化石燃料使用量の削減などが期待できます。

    RPF製造プラント

    RPF工場

    RPF

    RPF

廃タイヤのリサイクル

回収したタイヤの中で、中古タイヤとして販売できない廃タイヤは、タイヤ資源化工場で資源化します。
タイヤ資源化工場では、事前処理としてタイヤとホイールの分離と、ビードワイヤー(タイヤのリム部分に使用されている鋼線)の取り除きを行います。
事前処理が終わったタイヤは破砕・選別施設で50mm以下まで破砕し、タイヤ内に含まれるスチールワイヤーを除去した後、タイヤチップとして製品化します。
タイヤは原料の約60%が石油からできており、燃焼した際には軽油や重油などの石油製品とほぼ同等の熱量を発生させることができるため、石炭など化石燃料の代替燃料として製紙会社などに販売し、ボイラー燃料としてサーマルリサイクルされております。

タイヤ資源化工場

廃タイヤの処理フロー

  1. 1
    H鋼

    事前処理をし、破砕・選別施設へ投入

  2. 2
    切断機へ投入

    50mm以下まで破砕

  3. 3
    切断

    磁気選別機によるスチールワイヤーの除去

  4. 4
    出荷

    製品化(タイヤチップ)

回収部品のリサイクル

  • プラスチック製部品

    PP製の内装部品やバンパーは、鉄ビスやモール、ランプ類などを取り除いた後、破砕機で破砕、磁気選別機・湿式選別機で異物の除去を行いフレーク化します。フレーク化したものは、さらにペレット製造機でペレット化し、プラスチック原料として販売します。
    エアバッグ(66ナイロン)、シートベルト(PET・PA)、ヘッドライト(PC)、テールランプ(PMMA)、ドアバイザー(PMMA)などのプラスチック部品は回収後、プラスチックの種類ごとプラスチック原料として販売します。

    ペレット製造機

    ペレット製造機

    プラスチックペレット

    ペレット

  • ガラス

    サイドガラスやリアガラスは破砕し回収しますが、フロントガラスは合わせガラスになっており、ガラスとガラスの間には中間膜という透明なフィルムが挟まれているため、破砕機で破砕した後、分離機でガラスと中間膜を分離し回収します。
    回収したガラスはグラスウール(断熱材)の原料として販売するほか、アップサイクル製品の原料として使用しています。

    アップサイクル製品についてはこちらもご覧ください。

    フロントガラスの中間膜

    中間膜

    回収したガラス

    回収したガラス

  • ハーネス

    ハーネスは破砕・選別機で銅と被覆部分とを分離し、銅の回収を行います。
    回収した銅は「銅ナゲット」と呼ばれ、非鉄金属原料として販売します。

    ハーネスの処理についてはこちらもご覧ください。

    ハーネス

    回収したハーネス

    銅ナゲット

    銅ナゲット

  • 電子機器・触媒

    電子機器や触媒は貴金属・レアメタルを使用した製品の原料として利用します。

    電子部品

    回収した電子機器

    触媒

    回収した触媒

  • 燃料

    ELVの解体時に回収した燃料は、品質確認を行い自家消費、またはリサイクルガソリンとして利用しています。

    揮発油販売者登録済 登録番号:1-02078号

    ELV解体工場の給油所

    ELV解体工場 給油所

    第5ELV解体工場の給油所

    第5ELV解体工場 給油所

  • エアバッグインフレーター

    解体業者が取り外し、回収をしたエアバッグ類のインフレータ(ガス発生器)をリサイクルする再資源化処理施設です。
    処理方法:電気作動方式

    エアバッグインフレーター

    回収したエアバッグインフレーター

    インフレーター処理機

    インフレーター処理機

海外向けELVの解体

海外向けELVの解体工場である第2ELV解体工場では、フロン類の回収、エアバッグの回収、液抜きなどの事前処理を行った後、海外向けリサイクルパーツの回収を行います。
回収したリサイクルパーツは、コンテナに積み込み海外へ販売します。

海外向けのエンジン
海外向けの車軸

大型ELVの解体

大型自動車の解体工場である第3ELV解体工場では、トラックやバスなどの大型車を普通車と同様にフロン類の回収、エアバッグの回収、液抜きなどの事前処理を行った後、リサイクルパーツの回収と車両の解体を行います。

トラックの解体
回収したドアパネル

廃車買取

廃車・不要車
お売り下さい!

廃車には価値がないと思っていませんか? いいえ、ボロボロの事故車でもリサイクルが可能です。
廃車・使用済自動車はまだまだ価値のある貴重な資源です。
過走行車、車検切れの車、放置された車、事故車、不動車、0円の査定だった車など、「買い取りできないといわれた」「思ったほど値段がつかなかった」車など、どんな状態でも大丈夫。
マテックで廃車は新しい資源に生まれ変わります。
軽、普通自動車以外にも、トラックやバスなどの大型車両や重機などの特殊車両も買い取り致しますので、まずは下記フォームまたは電話・FAXにてご連絡ください。

廃車

廃車買取のお申し込み・お問い合わせ

メールフォームからのお問い合わせ
メールフォーム以外からのお問い合わせ

TEL: 0133-60-2200

FAX: 0133-60-2255

※道東圏にお住まいの方はマテックグループのエルバ北海道が承ります。

廃車買取専用フリーダイヤル フリーダイヤル0120-148-530あいしゃ・ゴミゼロ